商品代金合計  0点 0円

  商品は全て税込み価格となります。
  店頭でも同時販売致しておりますので完売となりましたら終了とさせて頂きます。
  ご了承下さい。



■商品名:家紋入棗
家紋入棗  

サイズ 高さ10cm×直径7.3cm
江戸時代 箱無
渡辺星&丸に渡辺星=オリオン座の中央に直列する三つ星がモデル。主に桓武平氏・良文流の千葉氏一門が用いております。
菱紋=武家と通じて好まれた紋。甲斐源氏・武田家と三菱系の正紋として知名度が高いです。
楓紋=カエデ科の落葉高木の総称。もみじとも言います。使用家は公家で今出川、武家では清和源氏義光流の市川、平氏良文の高山、日下部系の八木の諸氏。
どのような席で用いられたか、想像が膨らみます。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥65,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:蒔絵小箱
蒔絵小箱  

明治時代 サイズ14cm×11.5cm 高さ5.8cm
おそらく当時は煙草の保管箱として使用されていたのかと思われます。蒔絵がヨーロッパで高い評価を得て日本工芸として輸出が盛んになった時代の物です。絵柄も西洋を意識してかモダンな作風となっております。内側梨地。共箱有

詳細へ

   

  ご注文

  ¥250,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:蒔絵香合
蒔絵香合  

江戸期
9.2cm×7cm 厚さ2.5cm
繊細な高蒔絵が見事な逸品です。箱の角、フチに時代に伴うスレがございますが御使用、ご鑑賞には問題ございません。中や裏の側面にも梨地が施されております。共箱有 送料込みの価格で如何でしょうか。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥350,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:池端治峰作 扇面蒔絵 錫渕香合
池端治峰作 扇面蒔絵 錫渕香合  

輪島市の蒔絵師作 共箱有
直径6.8cm 厚み2cm
昭和(美術品としての価値が高い為、こちらで御案内)昭和48年に独立
扇に施された風景画には梨地や高蒔絵の技法で描かれております。茶道具

詳細へ

   

  ご注文

  ¥85,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:夫婦鴛鴦蒔絵
夫婦鴛鴦蒔絵  

5cm程の手のひらに納まる大きさの夫婦の蒔絵。鴛鴦(おしどり)仲睦まじく並ぶコロンとしたフォルムが愛らしい豪華な蒔絵の置物です。茶室や御目出度い席にいかがでしょうか?オス(大きい方)の羽に修復の跡有。裏側も梨地が施してある贅沢な作品です。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥180,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:蒔絵松竹梅硯箱
蒔絵松竹梅硯箱  

サイズ23.5cm×22cm厚さ4cm 金蒔絵の松竹梅がおめでたい硯箱です。中は総梨地です。水滴と硯が入っております。若松繊細に描かれており竹が健やかに真っ直ぐに伸び、梅の枝にはぽってりと花が咲いており、これぞ日本の紋様と申した見事な蒔絵です。書道を志すお客様が多いのでお求めやすい価格にて御案内させて頂きます。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥68,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:蒔絵小箱香炉
蒔絵小箱香炉  

サイズ 13cm×9.5cm 高さ10.5cm 江戸時代 手前には小引き出しがあります。中は真鍮で2層に作られており取り外し可能。蓋裏に使用された跡が見受けられます。状態の良い蒔絵で燻し銀のような風格が本物の和の風情を伝えてくれます。細かな技法を用いております。是非、ご検討下さい。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥200,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:朱塗引盃5枚組
朱塗引盃5枚組  

直径10.8×高さ2cm 非常に艶やかな朱塗りの引盃です。懐石に用いられますが、盃として使用するには日常離れしているな〜と思われた方は菓子皿として御利用下さい。調度、小皿サイズですので手元に置かれて取り皿としても活用できます。朱色が食欲もわかせる効果もある上に食材を新鮮に見せる事もできます。黒豆や白豆等を少量添えても良いですね。使い道は色々ございます。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥8,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:和紙保存箱
和紙保存箱  

サイズ23.5cm×19.3cm 厚さ5cm 明治期
和紙を保存する漆でできた箱。村上堆朱の漆黒版とお考え頂けましたら伝わるかと思います。見事な彫りの技術が側面にまで施されております。内側一部修復の跡が見受けられますが使用上問題ありません。鶴の彫刻が繊細で美しい保存箱。何を入れるかは持ち主次第です。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥120,000(税込み価格)
  在庫数:




■商品名:輪島沈金椀10客
輪島沈金椀10客  

大正 戌年(1918年)直径11.7cm×高さ7.5cm 漆黒塗りに金の沈金が施されております。絵柄は「松竹梅」内側は朱塗りで、フチは金。なんとも解りやすい日本の定番を埋め込んだお椀のポイントは胴がくびれた形状に有ります。口をつける部分の立ち上がりの角度と手にした時の指と手のひらに触れる部分の程よい面積が計算されたカタチを生み出しております。時代の変化が目紛しい中での有難い職人技を残して頂いた10客組。当時のままの状態でお届け致します。

詳細へ

   

  ご注文

  ¥72,000(税込み価格)
  在庫数: