カテゴリー  
コラム(199)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
旬の食と共に…入荷のお知らせ
芸術の秋より、食欲の秋として定着している希です。
東京と京都の菓子を頂いたので、それぞれ御紹介(店名、詳細は伏せます)
最後に宮城より鮭(はらこ飯)が届きました。東北の田舎風との事です。

804.JPG
まずは、東京の「おこし」
鍛冶師さんからの頂き物です。
とても美味しいので、御紹介。

802.JPG803.JPG左)高麗青磁菓子器

右)初期伊万里

*初期伊万里完売です





799.JPG
そして、京都の和菓子。
紅葉と栗
こしあん好きには、たまらない口溶けです。
798.JPG800.JPG
左)藍九谷皿


右)伊万里蕎麦猪口


*蕎麦猪口完売です




ちなみに、こちらが和菓子に添えられていた写真です。ありがとうございます。

801.JPG
備前の茶碗と切り子皿に和菓子。

美味しいものは勧めたくなりますよね。
いつも、御気遣い頂き有難うございます。



808.JPG

809.JPG
九谷皿/明治初期

御自宅で一生懸命作って冷蔵で送ってくれました。

手間隙かけて頂き、ありがとうございます。

「ハラコ飯」昨年も頂戴しております。

宮城の方は、一部、活気はだいぶ戻ったと聞きますが、持ち前の明るさで、どんどん前進していて下さい。


次は、ちょっと珍しく向付に丼風に盛付けてみました。



806.JPG

807.JPG

伊万里向付/江戸期

向付の大きさぐらいが調度良い時には、このように個別に盛付けてみては如何でしょうか?

先程から作ってくれた方が「しょっぱいでしょ」とメールを送ってくれておりますが、とても美味しく頂きました。以下、メールの一部抜粋です。お手数お掛けしました。

私は午前3時位に目が覚めるので「あぁ、筋子をイクラにせねば」とフラフラ台所に向かい、五十度のお湯でほぐし、筋を取って醤油とみりんに浸し、日本酒と醤油で鮭に味付けをし、以下省略。


もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ御馳走様でした。




と、言う事で、食欲の秋のお供になりそうな器をお探しでしたら、お声掛け下さい。

色々と入荷致しております。


店頭で御確認下さい。