カテゴリー  
コラム(198)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
秋=芋
735.JPGかごんま(鹿児島県)から、薩摩芋(さつまいも)が大量に届きました。

毎日、材木座海岸等で遊び呆けた日々も終わりを迎え、昨日は一日中、スイートポテト作りに励んでみました。

*かごんま(鹿児島県の人は鹿児島を「かごんま」と言います)

くだらない話ですが、付き合いしても良いよ!と仰る方は続きを御覧下さい。

かごんまの方言で『へ』と言う言葉は3つ意味します。

1 へ=灰(桜島等の火山灰にまみれる事を「へまみれ」と言います)

2 へ=ハエ(飛んでいる蝿を意味します。ウルサイと書いて五月蝿いのハエの事です)

3 へ=屁(全国共通の「へ」です)

サツマイモ繋がりで屁で、『へ』の話をしてみました。

さてさて、自宅で1人、サツマイモを蒸かして裏ごしをしながら、こんな事を考えている自分に嫌気が差しましたので、我が妹&爆弾甥っ子を自宅に呼び出しスイートポテト作りの手伝いをさせました。

736.JPG我が妹は典型的な世に言うB型気質の為、姉が一生懸命、裏ごしした芋を見て「も〜これでいいじゃん!」

と言うと、すぐに焼く作業へ促されてしまいました。

(半分は裏ごししていない物が出来る事になります)

甥っ子(4歳)に艶だし用の卵黄を塗らせ…。



オーブンを3回に分け稼働させる事1時間。
737.JPG



合計24個のスウィートなポテトが完成致しました。


作り方は最後に載せます。

ちなみに本日中に御来店の方には、1個無理矢理試食させております。



738.JPG少々早い、秋の到来ですが、皆様も御自宅で試されて下さい。


画像は元禄伊万里の皿にスウィートなポテト

大正ガラスに冷ましたハイビスカス等をブレンドさせたハーブティー



ざっくばらんな作り方

739.JPG

分量は適当ですので、行程だけ載せます。

サツマイモを鍋で蒸かします。

竹串がスーッと刺さったら取り出して潰しの作業をして下さい。

この後、無言に成らざる終えない裏ごし作業が永遠続きます。

裏ごしされた芋がフワフワな事に感動しました所で

鍋に戻し、弱火にかけながら

バター/砂糖/生クリーム(牛乳・豆乳でも可)/卵黄

を入れながら混ぜます。

な〜んか、ぼってりと質感が、それらしくなりましたら

型に入れて、艶だしの為、卵黄を筆で塗ります。

20分ぐらい温めたオーブンで20分ぐらい焼きます。

それで完成です。


1人で作っていると、裏ごし作業あたりで投げ出したくなりますので、出来れば複数の人を呼んでワイワイ作った方が良いと思われます。

裏ごしすると、しないとでは、4歳児でもわかる『違い』があります。

是非、無言の数分間で『無』の境地に達して下さい。



以上、秋の味覚『薩摩芋』でございました。