カテゴリー  
コラム(199)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
平和です
今年もツバメが帰ってきました。
553.JPG

当店の換気口から、この時期になりますと「ピヨピヨ」と鳴き声がします。

北鎌倉駅の改札口の上にも、2軒、ツバメのお宿が、今年もありました。

親鳥が、餌を求めて必死に飛び立つので、たまにぶつかりそうな程、低飛行をします。

小鳥好きなので、この時期は和んだ気持ちで過ごせます…小鳥ならね。。。

先程、換気扇をまわそうとしましたら、店内に響き渡る「ピヨピヨ」

さ〜、これで、完全店内禁煙となりますね。

店内では「幕末の伊万里…」『ぴよぴよ!』と、話を遮られる程、元気な鳴き声が響き渡ります。

鳴かなくなりますと、昼寝してると思われますので、小声で商談します。

そんな北鎌倉。

虫嫌いの私は、小鳥に支えられております。

今朝は花壇の掃除をしましたが…半べそで草むしりしました。

ダンゴムシの大群に「・・・・・・!」

その後ろから「おはよ〜」と、お声掛け頂いても強ばる顔で「おはよ〜ごぜ〜まっす〜」

軍手に革の手袋二重装備でもイヤ…。


北鎌倉に来た頃は、店の裏にスズメバチが巣を作りましてね…。

獲ってもらいましたが、それから裏側は歩けません。

店に入ると、見た事も無い程の青々した毛虫が暖簾の「希」と言う文字をなぞるように行進中…と言う事もございました。

この時は開店時間、午後12時でした(逃げた店主は駅前喫茶に鎮座)


あ…、蛇も出ます。

出ました。あれは3年前。

店内に物凄くリアルな蛇の頭が壷と壷の間から顔を出しておりまして、その時は「あれ?こんな物を仕入たっけか?」と近づきましたら、舌が出るんですよね。

おそらく数分間、睨み合いしておりました。

蛇は裏口にも、よく出ます。

裏口の細い所で、私が固まっていると、通りがかりの警察官が「どうした?」と声をかけて下さいまして「蛇がおる〜」と振り向いた瞬間、警察官はダッシュでいなくなり、しばらくしましたら、店の前にパトカーが。。。

これ、もう、解禁ですよね。全部話しちゃいます。

警察官が、どのように蛇と戦うのかを興味深く見ておりました所、

「えい!えい!あっちいけ!えい!」

と、足踏みしておりました…。

そして振り向き

「亜希ちゃん、これで大丈夫」キッラーン☆←笑顔






・・・・・・・・・・、かっこわる・・・。



私は干支がヘビなので、全然大丈夫。むしろ有難い程、白ヘビさん来て欲しいですがね。



それから、巨大な蜘蛛も出ます。

私が店先に立っていると、なぜ、ここを狙って…と言う感じで、目の前に糸を垂らして下がってきます。

蜘蛛出没中の時は、店に鍵をかけて、交番に非難しておりますので、御了承願います。

それか、隣のスーパー、もしくは、前の喫茶店か、中華料理屋…それぞれの商店街の店主に泣きを入れて頼み込んでおりますので、そのような姿を今年も見かけましたら、

「あ〜、しばらく営業停止なんだな〜」と思って下さい。

ほうきとちり取り隊が希に突っ込んでくれておりますので。。。

(捕まえた獲物は裏の川にポイされます)



んま〜、北鎌倉。凄い所です。

リスも巨大ですしね。



リス話もついでに。。。


北鎌倉駅のホームでボッケ〜と電車を待っておりましたら、女子高校生が

『ぎゃー』

と、猛ダッシュで逃げます。

つられて逃げようとしましたが、その相手が大き過ぎて…、1人ホームに取り残された私。

睨み合い数分間。




ようやくきた電車に飛び乗りセーフ。。。



リスも大群で走ってくる事がございますので、この時期ならではの名物かもしれません。



あ、この前はですね。

カラスに襲撃されました。


駅のホームから、その時も人影がなくなり、艶やかなカラスと睨み合い数分間。。。


・・・電車、来ないの・・・。


カラスに負けるか!と、立っておりましたら、カラス、足元まで来ちゃってね。

「カーーーーーーーー!」

と、私に威喝。



う〜ん。

おもわず、駅の監視カメラに向かって

「た・す・け・て・・・」

と、クチパクで表現してみましたが、誰も助けてはくれませんでした。

我が身は自身で守る・・・、北鎌倉での教訓。







そんな季節到来。


ドキドキ、ハラハラな北鎌倉。


お越し下さい。








アドベンチャーワールド北鎌倉






この時期の注意点


店主が無言で店を出る事がございます。

きっと、お客様の背後に何かしらが忍び寄っていると察して下さい。

恐怖にかられると声が出ないので、何卒、御理解の程、宜しくお願い申し上げます。




先に謝っておきます。




皆様、ごめんなさい。。。


虫系は・・・逃げます。。。








(出入り口が塞がれていた場合の合図)

*泣かない女で有名な店主が、半べそ顔になります。

*店主の鼻の穴が異様に大きく膨らみます。

*商談そっちのけで目が見開きます。

*あとは、黙って頭をたれて「すみません」と謝りだします。


以上です。