カテゴリー  
コラム(199)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
お茶
480.JPG
先日Kさんから頂いた番茶(自然農法)
銀座より御土産にいただきました。

今まで京都の宇治茶(煎茶)や鹿児島の知覧茶(煎茶)を使用してましたが、
本日より、こちらの番茶を店頭で使用してみましたが、実に美味しい!





先程の御婦人お二人も「あら〜。美味しいわ〜」と、もう一服追加されてました。
それぐらい美味しいです。

煎茶、番茶、玉露茶、かぶせ茶、抹茶、粉茶、芽茶、茎茶、ほうじ茶、玄米茶、釜入り茶、紅茶等々…お茶と申しても様々ございます。

東阿部流(煎茶)の先生が北鎌倉の近所にいらっしゃるのですが、お茶について、たまに御自宅に招かれては茶室で密談!?させて頂いております。

入れ方により全く異なる味にもなり、実に奥が深い世界です。

私は裏千家(抹茶)の方で茶室の云々は学んだのですが、東阿部流の茶室での云々…実に新鮮でした。

作法の話は別の機会にさせて頂きます。

本日の画像にありますのは『番茶』いわゆる二番茶とされており(例外もあります)庶民の味としては上流階級の代物と申し上げておきます。お茶の色も薄く感じますが、味がしっかりとしております。

今まで使っていた、お茶の葉が、今朝切れてしまったので画像の御用意が出来ませんが、煎茶は緑っぽい色と表現させて頂きます。

お茶は元々、中国から伝わってきましたが、煎茶は日本が生んだ味であります。

ですので、御家庭で使われているのも、煎茶が圧倒的に多く、日本人の舌に「お馴染み」とされているかと思います。

又、深蒸し煎茶という茶葉もございまして、こちらは更に抹茶色に近くなります。当店で年間を通じて使用していたのは、実は、こちらの「深蒸し煎茶」でございます。

この色がはっきりとした深蒸し茶は、以外と歴史が浅いようで誰が入れても美味しくなると言うのが、まさに現代の私達が好む傾向がある特徴がございます。

これら、それぞれ、お湯の温度等により味が異なるので、一概に、これはこうですとは言い切れない所がございます。

まるで古美術品を愛でる時のように、こうだから良いと断言せずに、独自の好みを追求していくような世界観もございます。

又、お茶には「もてなしの心」を表現出来るものかと感じておりまして…。

当店で一服された方が殆どかと思います。

個人的な話に切り替わりますが店主のDNAによるものであり、亡くなった祖父の姿から自然と身に付いたものでございます。

決して押し付けがましく、ど〜ぞ、ど〜ぞとは出さない「一服どうぞ」とさり気なさに人と人を繋ぐ瞬間がございます。


まだ昭和の町並みのままの当時の山崎家では、死ぬまで海軍魂であった祖父が来客時に、必ずお茶を入れてもてなします。

何も話す間もなく、お茶を出します。

今では、私もお茶を出さないと失礼にあたるという、なんとも居心地の悪さを感じるため、開店当初からお茶をいれさせて頂いております。

時には「結構です」と断られる方もおりますが、これは自由なので断られてもなんとも思いません。

妊娠中の方には、お勧めしませんし、断る方にも理由があるかと思います。

そこは幼児期に「山崎さんち行くとトイレが近くなる」と近所のクリーニング屋の店主が話していたのを覚えている為、お茶の分量も考えもの…と感じたものです。
出されたお茶とは上手く付き合って下さい。


さて、段々話が反れましたが。

お茶の入れ方ですが御興味がございましたら店頭で本来の王道なる入れ方の資料等もございますので、御覧になられて下さい。

我流ですが多少はお伝え出来る部分もございます。

茶碗を少し温めておく事や、沸騰した湯を湯冷ましに入れておく等の工夫も御存知かと思います。そして最後の一滴まで入れる。

お茶を注ぎ入れるまでに、繊細な心遣いがありますと味が変わります。

色々な茶葉を取り寄せる事も出来る時代ですので、好みの追求をされてみて下さい。

又、お道具も手に馴染む物から、姿、形の洒落た物もございます。

煎茶碗と一言で申し上げても色々な形状がございまして、蓋のあるものもございます。

割と日常で楽しむ器選びとして、煎茶碗を探しておられる方は多く、良い物はすぐに売れてしまいます。

町中で「これぞ!」と感じましたら、その茶碗は日常使いに向いておりますので、迷わず御購入されることをお勧め致します。

手に馴染むもの程、御自身向き(用)の証です。


お茶ときたら『菓子』ですね。

こちらの方が楽しみ!と仰る方が多いのは、どこの茶道教室に通われても必ず御1人はおられますが「このお茶には、この菓子よね」と言う風に好みの追求も楽しみの一つになります。

お茶請けとして漬け物等も日本人らしくて良いですね。

色々な茶葉との出逢いにより、祝福の一時を!