カテゴリー  
コラム(200)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
横浜市 O様 2
○竹久夢二作 木版画「逢状」

夢二はとても手がでないと思って、これまでは中原淳一の
童話絵本(七人のお姫様)や復刻ファブリックで作った
トートバッグなどでお茶を濁していたのですが、まさか、まさか、
まさか、夢二が我が家の寝室に飾られる事になるとは…

〜 さだめなく 鳥やゆくらむ 青山の 青のさびしさ 限りなければ 〜



298.JPG彼が榛名湖畔で詠んだという歌ですが、この木版画に使われている青は限りなく鮮やかなのに、文を綴る手が止まってしまう程、
哀しい青なのですね…「情状」、この二文字で詩になっています。

僕は青と赤という組み合わせが好きで、柿右衛門の赤柿染付け、
今右衛門の水差しなどをポツリポツリと買ってきましたが、
同じ色の組み合わせでも、全く違う情感を醸し出すのかと、
あらためて美術品の奥深さに魅入られています。

ところでこれは家内へのクリスマスプレゼントとして購入したのですが、「頼む、値段からして数年分のプレゼントだと思ってくれ」と懇願したところ、言下に首を横に振られました (-_-;)

作品自体は「良い買い物をしたのう」とたいそう気に入ってくれたのですが、
これでは来年も「希」さんに行かなくてはならないのでしょうね (笑)
山崎さん、帳尻があうような品のある小物、キープしておいて下さい☆彡



HP拝見して、生唾飲んだものが一つありました。
年を越すまで残ってますよーに♪

「希」店主 山崎亜希子さま、まいる

O 拝




------------------------------------------------------------------

竹久夢二作 木版画 初版本を以前、お客様に店先で自慢されてから、私も唸りながらも夢二作品を探しておりましたが、こちらの美人さんが希にいらしてから、その意欲も薄れつつありました。
そこにOさん御来店。
前のOさんのお客様の声でも記載させて頂きましたが、御夫婦仲が非常に良いお二人。
こちらを手渡す時に「奥さんに雰囲気似てますよね?」と申した私に『ニコッ』と蔓延の笑みのOさん(奥さん美人さんだから無理もないです…)

クリスマスプレゼントを探しに訪れる方が多い中で、奥様にプレゼントを…。
意外と!?おられるものです。
「うちの家内は何を欲しがっていた?」と聞く方もおります。
私の方でも把握しておりますので、お任せ下さい(-_-)v

話が反れましたが、Oさんのサプライズプレゼントの隠し場所を最後まで店内で話し込み「帰りの電車の中で考えます」と、ニコニコ笑顔のOさんはご帰宅に…。

まさか、こんなにも早く発見されるとは思いませんでしたが、奥様にも喜んで頂き安堵。

夢二の描く女性には、現代の日本人女性が忘れている奥ゆかしさがありますよね。
(う〜ん。。。店主…自爆!反省)

夢二作品の果敢ない構図(バランス)は、今でも見る人の心に哀愁と感情の豊かさを与えてくれます。

クリスマスプレゼントとしては、とても粋な竹久夢二作品。

末永く、Oさん御夫婦の元で微笑ませてあげて下さい。