カテゴリー  
コラム(199)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
初釜の御準備と干支『辰』
おはようございます。
暮れに近づき、初釜の御相談を多くお受け致しております。
又、干支の物を探されている方が多く「龍」のお問い合わせが増えております。
そこで、こちらで少し御紹介させて頂きます。
283.jpeg

画像は龍の硯です。大きさ・重さ共に結構ございます。
寺院で使用されるような重量感がございます。
お値段5万円。


284.jpeg

こちらは、黒檀彫の龍の置物です。
如意と仰る方もおられますが、前の持主のお話によりますと華道で御使用されていたようです。
黒檀は固く、今でも高級家具やギター等の材料として用いられますが、彫ることが大変難しい為、このように細やかな鱗部分等を拝見しますと作者の集中力には敬意を感じます。
お値段65,000円

以下、HPにUPしていない商品
(商品全てはサーバー容量上UP出来ませんのでこちらにて失礼します)

285.JPG

290.JPG

伊万里(徳川)葵紋香合 江戸期
内蓋の裏に五本の指 龍が朱と金で描かれております。
繊細な書き込みです。
何故、徳川?と聞かれますが、形を御覧下さい。葵の形をしております。
お値段は問い合わせ下さい。

288.JPG

287.JPG

伊万里赤絵七寸皿五枚揃い
華やかな伊万里の皿には、鳳凰と龍がコミカルに描かれております。
おもわず「これが龍?」と仰る方もおりますが、これぐらいシュールに描かれているほうが、料理を盛る皿としては調度良いと思われます。
白地が程よく残された、均等のとれた配置バランスは日本人好みかと思われます。
お値段 お問い合わせ下さい。 こちらバラ売りは、お断りさせて頂いております。


286.JPG

289.JPG



只今、店頭には出しておりません。脇差 銘文 表 相模国住人正宗 裏 建武以下不明
詳しくは、御来店時に問い合わせ願います。
刀剣類は、店頭販売のみとさせて頂いております。
メール等での問い合わせも難しく、お答え出来ませんので、出来る限り、御来店下さい。
(当店と何度か取引のある顧客様に限りましては、詳細をメールにてお送り致します)
[何故かと申しますと、住所・氏名がわからない方には販売出来ないからです!]
画像では伝えにくいのですが、拵・本身、共に素晴らしい出来でございます。
画像は小柄ですが、目貫も龍が施されております。

さて、ここまで『龍・辰』をUPして参りましたが、これ以上画像をUPしますとサーバーが重くなってしまいますので、ここらで・・・。

まだまだ、店内に『龍』がおりますので、御来店時にお探し下さい。

初釜に向けての茶道具のUPは控えさせて頂きます。
(希で見たー!)とならぬよう、配慮させて頂いております。

文章のみで失礼致します。

鯛の昆布〆を盛る器や、床の間に飾る香炉等、茶道の先生方からお問い合わせ頂いております。
年初めは華やかにもてなしたいと仰る先生方の御苦労、御配慮には毎年関心致します。
お弟子さん方と共に過ごす空間に彩りを与える為に、先生方は、この時期からお道具の確認に追われます。

今年は、塗り物をお勧めさせて頂くと共に、定番ですが、伊万里赤絵の華やかな器でも『上手』をお安くさせて頂いております。初釜後も気楽に楽しんで頂ける伊万里赤絵の蓋付碗や、七寸皿が先生方のお目にとまるようで、華やかさと親しみやすさがある物が人気です。

今年は重箱は既に完売となりました。
また入荷しましたら、お知らせ致します。

掛け軸に関しましては、残りわずかとなりましたので、お早めにお越し下さい。

毎年、大晦日に「おとそ無い?」「お椀が足りない」等のお電話を頂きますが、出来れば、今年は30日まで営業しておりますので、それまでに御来店願います。



292.JPG

引き続き、ウサギも・・・宜しくです。