カテゴリー  
コラム(198)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
師走
師走です。猛烈に師走です。

北鎌倉、お坊さん走らず、古美術商人が猛ダッシュしてます!
282.gif


先日、どこかのプロ野球選手が師走←「しっそう」と読んでいたのをテレビでみて1人爆笑した店主です。

皆様、こんばんは。←ニュースキャスター風(-_-)☆

『しっそう』になりますと日本全国の方に限らず、海外からのお客様も急激に増えるのですが、今年は台湾の方が多く御来店されておりますね。只今、中国美術品は順番待ち状態でございます=現在品薄。



以下、日記化したコラム

先日、久しぶりに庭師のHさんが御来店されました。

毎年恒例、明治神宮のカレンダーを頂戴し店先に吊るのが暮れの恒例になりました。

手土産マクドナルドのダブルバーガーが妙に嬉しい…。

Hさん→「この前カレンダー渡したと思ったら、もう、今年も終わりだね〜」

店主→ポテトもぐもぐ(うんうんと頷くだけ)

Hさん→「あ、それね、うちの息子も好きなんだよ」←Hさんの息子さんと私は同じ歳

わかるよ息子(-_-)v(-_-)私達マクドナルドに胃を制覇された世代。

Hさんの、ほのぼのした笑顔に和まされ、もぐもぐ口を動かしていたのも束の間。

電話〜電話〜でんわ〜わ〜わ〜(*_*)/たくさんのお電話、ありがとうございます。


滋賀県のEさん、久々にいらして頂けるとの事。とびきりの品、御用意しておきます!

宮城県のHさんのお手元に仏像が本日納まる事に安堵。

逗子のYさん、今年も年末、店内コッソリ女子会やります。来てね(日にち未定)

入院中だったSさん退院おめでと。

東京のFさん、仕事納め←早過ぎませんか?もっと働こ。

アメリカのYさん「亜希子さ〜ん。も〜すぐ、おもい正月ですねぇ〜」

店主→「Yさん。おもいじゃないよ。お・め・で・た・い!正月ね。OK?」

Yさん→「ごめんなさ〜い。亜希子さん、相変わらずキッツイですねぇ〜」

(-_-)v世界万国に通じるキツイ店主らしい…I am strong-minded 略)私は勝ち気です


280.gif


さて、年末の恒例は、まだまだございます。

御挨拶を兼ねて、御自宅へお伺いさせて頂く事もしばしば。

他愛も無い話をしながら一年を振り返り…話の流れから、希を立ち上げた頃の話に繋がり…。

「あの頃は、のぞみさんって20代だったわよね〜」

んー!

だいたいが、ここに行き着き初心に戻る(-_-)敬礼!

20代の頃は、きちんと正座して最後までお話をして「それでは…」と立ち上がる私が「うお〜!」と、叫び、周囲爆笑←これが定番でしたが、今では、程よい所で足を崩せる程の度胸もつきましたもので…。なんやかんやで一年、一年、成長!?しているものだと感じたりもしております。

昔、まだ勤め人だった頃、正月早々、絵画を片手に飛行機へ乗り込み(出張)秋田へ行った事がございます(確か後藤純夫画伯の肉筆画か加山又造画伯の銅版画だったかな?どちらにしろ、今考えると…恐ろしい←今より高額)

染之助染太郎の、どちらの方か良くわかりませんが(*_*)隣に座ったので、機内で1人(傘を回す人だ!だ!だけど…どっちの人だっけ…そもそも、染之助染太郎って、どっちが、どっち?)と、ついに声を掛けられずに秋田上陸。

舐めていた私は空港出てすぐに凍結した道で捻挫(*_*)イタイ

その上、秋田弁が全くわからず、商談出来ず、鼻の穴膨らむ有様。(-・・-)=3フン

その夜に東京から来た女社長と上司に連れられ食事へ。

靴を脱ぎ、店内に入ろうとした瞬間

「山崎ぃ…。」←社長

先程の捻挫の時に、ストッキングの親指部分に穴○ (○_○)あな

「給料渡してないみたいで、みっともないでしょ!(お尻バシッ)」

足は痛いし、お尻は叩かれるし(セクハラじゃないよ。女社長だよ)

「社長。こ〜すれば見えませんって。」

と親指部分の穴を引っ張り、たぐり寄せ指に挟む、若い頃の私。

「・・・・・・。」立ち去る社長。

・・・・・・・・・・。←この後を付いて行って食べるだけ食べる20代前半戦の私に、野際陽子バリ、いや、それ以上。野際陽子×100という大迫力の上司に

「や〜ま〜〜ちゃ〜ん。ちょっと、後でいらっしゃ〜い」

と、眼鏡ギラーン((((((((・_・)))))))いいいいいい))))))

もう、この方に「山ちゃん」と呼ばれた瞬間に身の毛がよだつ程の迫力。
(あ〜、どうか、これを読んでいませんよ〜に)

説教数時間は当たり前。

若い方。食べ過ぎた後の説教聞きは眠くなるから要注意(-_-)読んでませんよ〜に〜

説教←そりゃ、そ〜ですよ。今考えれば(*_*)今、ようやく! ここで挽回!

わざわざ絵画御購入に辺り、社長自ら御挨拶に駆けつけて…のはずが、商談翌日に延期って(高額品ですと上司がフォローしてくれたものです。今では一人で切磋琢磨)



なんだか、このまま来てしまったような気もしないではない…ですね。

去年頂いた年賀状に、社長業退かれたとありまして、今年も年賀状を書きながら、あの頃の正月を思い出しまして…。あ〜、毎度お馴染み、暮れになると思い出す切磋琢磨な日々☆

師走は思いに更けてる場合ではないのに…。

と、ここまで書きながら、横目で年賀状の束を見ております。

281.gif


年賀状を書きながら、久しくお会いしていない方に

「お元気ですか?」等と書きますと

「こんにちは〜」

と、その年賀状の相手が御来店。

そして

「え〜!年賀状、書いちゃったよー」

と、見せる私。

最近、これの繰り返しです。

(注意)当店の店主は、このような人種です)

今年は、皆様、古伊万里の徳利狙いで御来店頂いておりますが…。

あちら・・・・・・・。

売れてしまいましたーーーーあーーーあーーあ〜あ。

師走に、よくある話をしてみました。


年賀状、書き終えてしまうので、早めに御来店下さいm(_ _)m



*先日の月食、御覧になりましたか?

こちら北鎌倉で、Fさんと、Mさんと、Mさんと食事をしながら、帰り道「月が赤いよ〜」と皆で空を見上げ、思わず「あ〜お祈りしておこ〜♪全てが上手く行きますよ〜に♪」なーんて祈っちゃったのが最後・・・。

最終電車の音が!

北鎌倉駅まで猛ダッシュする私を月は見放しましたね。

「も〜電車ないですよ〜」

はーはー、ぜーぜー。

お願い事をするのは、月ではなくて星でした。。。

猛ダッシュする古美術商の師走は続きます。



(うわ〜。長文!3日かかって、これです。しばらくコラムリクエスト拒否します)