カテゴリー  
コラム(201)
お客様の声(106)

ホームページへ戻る
高円寺のSさんより お客様の声投稿希望
宇野千代´青山二郎の話´

白洲正子´いまなぜ青山二郎なのか´
同著´何者でもない人生 青山二郎´


ほとんど絶版だけど、新潮社 とんぼの本 天才 青山二郎の眼力がある。

これも、もう絶版だと思うけど、´骨董鑑定眼´青山二郎 株式会社角川春樹事務所
がある。

でかい図書館には、いづれかがあるだろうと思う。

また仕事増やして御免ね〜っ
251.jpg



八月十日の亜希さんのコラムは、いつもと毛色が違って、亜希さんの身辺日記というか、日常生活が描かれていて、想像するだけで笑ってしまいました。
よほど暑かったんですね(笑)

でも、人は人を呼ぶというか、良き方々に恵まれてますね!

もっとも、お子さんについては存じ上げませんが。ウシシシッ(^。^)y-~。

それにしても、´あの´亜希さんが、中学時代テニス部とは…。。。

何をトチ狂ってたのでしょうか(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい。トチ狂っておりました。
美術部に入るはずが、怖い先輩に連れられ、なぜか一番苦手とするヒラヒラ♪テニス部でございました。
御蔭様で、より一層、運動が嫌いになりました(苦笑)
副部長のくせに、心の中では「早く試合終わって〜」と叫んでおりました。
淡い思い出です。

さてさて、いつも、気にかけて頂き、ありがとうございます。
文鎮代わりの赤銅鍔。
やっぱり良いですね。
以前、青山二郎氏の話を店先で良くしましたよね〜。
手元にあったはずの青山二郎の本。。。
誰かに貸してしまって戻ってきておりません(メール頂いて気付きました!!!!!)
店裏の本棚をみたら「宇野千代 女の一生」がございました。
そこに、文鎮として愛用していた鍔のコレクションの写真があります。
これを真似て、たくさんの方が鍔を購入するようになりました。
新たな使い道を見出していくのも古美術・骨董・古道具の楽しみですよね。

久しぶりに私も読もうかな…と頁を開きながら思いました。

思いがけず、ありがとう。

現在、気仙沼にて気温19度の中、御用聴きに行かれてるとの事で、御苦労様です。
「みなさん涼しくなったから元気だよ」との知らせ。ありがとう。



追記8月25日

現在発行されている´青山二郎´の書籍です

青山二郎全文集 上
青山二郎全文集 下

以上、筑摩書房学芸文庫

眼の引越 改版
 中央公論新社中公文庫


眼の哲学/利休伝ノート
 講談社文芸文庫


鎌倉文士骨董寄たん(すみません、きたんの´たん´の漢字が変換出来ませんでした…。)
 講談社文芸文庫

以上です。